3大ED治療薬の1つ、レビトラの紹介

ED治療薬の中で最初に開発され有名なのはバイアグラです。
次にレビトラが開発されました。バイアグラもレビトラも即効性が大きな特徴です。
どちらも空腹時に水かぬるま湯で服用します。適量であればアルコールで服用することも可能です。
アルコールは適量であればリラックス効果によりバイアグラやレビトラの働きを助けます。
バイアグラは服用後30分ほどで効果が現れますが、レビトラは20分ほどで効果を実感できます。レビトラの方が即効性が強いのが特徴です。

バイアグラは食事の影響を受けて効果が半減する場合がありますが、レビトラはあまり食事の影響を受けません。
いずれを服用した場合もめまいや頭痛、火照り、消化不良などの副作用が生じる可能性があります。
バイアグラとレビトラは即効性のあるED治療薬なので、副作用が現れやすいのが特徴です。
ただし副作用はそれほど強くないので、基本的には安全にEDを治療できます。
副作用の症状は数時間で回復するのが通常ですが、長引く場合には医師に相談する必要があります。

レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
一般的な病院では10mgと20mgの錠剤が処方されています。1錠あたりの価格は10mgが約1700円で、20mgは約1800円です。
ED治療には保険が適用されません。また薬の代金の他にも診察料や処方せん料が必要になります。
バイアグラは25mgと50mg、100mgの錠剤が存在しますが、100mgは国内で未承認なため流通していません。
1錠あたりの価格は25mgが約1300円で、50mgは約1500円です。バイアグラの方が多少価格が安くなります。

レビトラはバイアグラと同様に即効性のあるED治療薬です。
即効性はバイアグラよりも強く、食事の影響を受けにくいという特徴があります。
基本的にレビトラは空腹時に服用しますが、エネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば問題なく摂取できます。

バイアグラとレビトラの効果の比較について

バイアグラは用量に関わらず効果が約5時間継続します。レビトラの持続時間は10mgが約5時間、20mgは約10時間です。
効果の持続時間を比較するとバイアグラと10mgのレビトラはほぼ同じになります。
20mgのレビトラであれば、バイアグラの倍の約10時間効果が続きます。バイアグラもレビトラが用量が多いほどペニスを勃起させる効果が強くなります。
バイアグラの100mgはレビトラの20mgに相当します。バイアグラの100mgは国内では販売されていないので、入手するには個人輸入の手続が必要です。

ED治療薬は副作用として軽いめまいや頭痛、火照り、消化不良などが生じます。
用量が多いほど副作用も強くなるので、最初は少ない用量から試すのが合理的です。25mgのバイアグラでもペニスを勃起させる十分な効果があります。
日本国内では100mgのバイアグラは販売されていないので、50mgのバイアグラでも効果が弱い場合にはレビトラの20mgを使用します。
バイアグラもレビトラも短時間でペニスを勃起させる強い効果がありますが、レビトラの方がより強い効果を期待できます。

レビトラは比較的食事の影響を受けづらく、強い即効性のあるED治療薬です。
服用すると9割以上の人に軽いめまいなどが生じますが、数時間経過すれば回復します。短時間で安全にEDを治療できます。
性行為の前に食事を摂る必要がある場合や、より強い効果を求める場合にはレビトラを選択するのが合理的です。

ED治療薬の効果や副作用には個人差があります。患者の体質に合ったものを選択することが重要です。
日本国内ではED治療に保険が適用されませんが、海外から医薬品を個人輸入すればコストを抑えることができます。
ただし体調などに不安がある場合には、病院で医師と相談しながら最適なED治療薬を探すのが合理的です。