バイアグラは飲み合わせてはいけない薬について

バイアグラには飲み合わせることができない薬が存在します。
硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を使用している場合には医師に相談する必要があります。
バイアグラには血管を拡張するため、服用すると血圧が低下します。硝酸剤などを服用すると過度に血圧を低下させる可能性があるため、飲み合わせることができません。
塩酸アミオダロン製剤は不整脈の治療に使用されます。同じ抗不整脈薬でも塩酸アミオダロン製剤でなければ併用できます。

もともとバイアグラは狭心症の治療薬として開発されました。
狭心症は心筋に送られる酸素が不足して一時的な酸欠状態になり、胸の痛みや息切れなどの症状が生じます。
心臓が必要とする酸素量が増えた場合や、心臓への血流が低下して酸素供給が不足した場合に起こります。
狭心症になると喫煙や飲酒後に胸が重苦しくなったり、階段を上った場合などに胸が締め付けられるような感じがします。
その他にも左肩の凝りやしびれ、寒い日に急に胸や背中が痛くなるなどの症状が見られます。

バイアグラを服用すると血圧が急激に低下するため、冠動脈の血流が不足する場合があります。
冠動脈の血流が不足すると心筋が酸素不足となるため、狭心症を発症する危険性が存在します。
完全に冠動脈が閉塞したり、著しい狭窄が起こった場合には心筋が壊死することもあります。心筋が壊死した状態のことを心筋梗塞と呼びます。
過度な血圧低下は狭心症や心筋梗塞を引き起こす危険性があるため、硝酸剤などは併用禁忌とされています。

バイアグラの併用禁忌薬とされるのは硝酸剤と塩酸アミオダロン製剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬です。
いずれも過度に血圧を低下させる可能性が存在します。過度の血圧低下は狭心症や心筋梗塞の原因となるため危険です。
特に心筋梗塞を発症した場合には、死に至ることも考えられます。併用禁忌薬を使用している場合には、病院で医師に相談する必要があります。

バイアグラと狭心症の関係について

バイアグラは1990年代前半に狭心症の治療薬として研究・開発が始まりました。
臨床試験では狭心症に対してあまり効果が見られなかったため、試験中止が決定されます。
しかしペニスの勃起を促す作用が認められることから、被験者は余剰の試験薬の返却を渋りました。
1998年にバイアグラはアメリカでED治療薬として販売が開始されます。1999年には日本でも承認され、販売されるようになりました。
世界で最初に製品化されたED治療薬なので、知名度が高く多くの利用者が存在します。

硝酸剤はバイアグラの併用禁忌薬とされています。
バイアグラを服用すると血圧が低下しますが、硝酸剤はさらに血圧を低下させる危険があります。
硝酸剤は血管拡張薬の一種で、代謝物の一酸化窒素が血管平滑筋に作用して血管拡張を促します。
舌下錠やスプレー、内服薬などがあります。特に舌下錠は狭心症発作時に使用されます。
バイアグラと硝酸剤はいずれも血管を拡張する作用があるため、併用すると過度に血圧が低下し狭心症や心筋梗塞を招く危険性が存在します。

硝酸剤以外にも抗不整脈薬である塩酸アミオダロン製剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症を併用すると、血圧が過度に低下する可能性があります。
抗不整脈薬は塩酸アミオダロン製剤でなければ血圧低下の心配はありません。
いずれの併用禁忌薬も血圧低下により冠動脈の血流が減少し、心筋が酸素不足となる可能性があります。
心筋の酸素不足は狭心症や心筋梗塞の原因となるので、併用禁忌薬を使用している場合にはバイアグラを服用できません。

狭心症と診断される場合でも、バイアグラを服用できる場合もあります。
まず十分な治療が行われていると医師が判断した場合は服用できます。
狭心症の状態が安定しており、性行為やバイアグラの服用に問題がないと医師が判断した場合も服用可能です。