バイアグラのジェネリックでも副作用は同じ?

バイアグラにはカマグラなど安価なジェネリック医薬品が存在します。
病院でバイアグラの処方を受ける場合には、自由診療なので保険が適用されません。
日本では25mgと50mgの錠剤が承認されており、1錠あたりの価格は25mgが1300円程度で50mgは1500円程度です。
カマグラはコスパに優れたED治療薬で、50mgや100mgの錠剤が1錠あたり500円弱で購入できます。
海外ではバイアグラの100mgも流通しています。個人輸入すれば50mgや100mgのバイアグラを安価に入手できます。

カマグラなどの海外で製造されているジェネリック医薬品は個人輸入する必要がありますが、日本国内でもバイアグラのジェネリック医薬品が製造されています。
国産ジェネリック医薬品の価格は、50mgの錠剤が1錠あたり1000円程度です。
病院で国産ジェネリック医薬品の処方を受ければ、先発医薬品をよりもコストを抑えることができます。
ただし国産ジェネリック医薬品を使用しても保険は適用外なので、カマグラなどを個人輸入する場合と比較するとコストがかかります。

バイアグラにはめまいや頭痛、顔の火照り、鼻づまり、消化不良などの副作用が存在します。
有効成分が血管を拡張して血流を促すため、血圧が下がります。血圧が低下するとめまいが生じます。
また頭部や消化管などが充血して頭痛などが起こります。めまいなどの副作用は基本的に軽く、数時間経過すれば回復するのが通常です。
バイアグラは即効性があり、空腹時に服用すれば30分程度でペニスが勃起するようになります。
一方副作用も現れやすく、服用者の9割以上に症状が見られます。

カマグラなどのジェネリック医薬品にもバイアグラと同じ有効成分が含まれています。
血管を拡張して血流を促進する効果は同じなので、めまいなどの軽い副作用が生じます。
海外で製造されているジェネリック医薬品は非常に安価です。先発医薬品のバイアグラと比較して大幅にコストを抑えてED治療ができます。

ジェネリック医薬品が安価である理由

カマグラなどの海外で製造されるジェネリック医薬品は、先発医薬品のバイアグラと比較して非常に安価です。
病院で先発医薬品や国産ジェネリック医薬品を処方してもらう場合には、保険が適用されないためコストがかかります。
海外のジェネリック医薬品は主にインドで製造されており、開発費や製造コストがかかっていないため安価です。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。同じ成分の医薬品を安価に製造できます。

日本では製法特許も成分特許も認められているので、自由にジェネリック医薬品を製造することはできません。
また工場で医薬品を製造する場合にも、人件費などのコストがかかります。
日本ではバイアグラの成分特許が2014年5月に切れたため、ジェネリック医薬品が製造されるようになりました。
国産ジェネリック医薬品と比較して、インドで製造されるジェネリック医薬品は非常に安価です。
開発費や製造コストがかかっていないので、インドでは安価なジェネリック医薬品が製造・販売されています。

インドの製薬会社が製造するジェネリック医薬品の有効成分は、先発医薬品のバイアグラと同じです。
またインド政府から承認を受けてジェネリック医薬品の製造・販売を行なっているので、安全性も優れています。
カマグラなどのジェネリック医薬品を利用すれば、少ないコストで安全にED治療ができます。

海外産の後発医薬品は病院で処方を受けることができないので、個人輸入する必要があります。
バイアグラは即効性があるため短時間でペニスを勃起させることができますが、軽い副作用を伴います。カマグラなど海外産の後発医薬品も同様です。
海外から医薬品を個人輸入すればコストを削減できます。一方健康上の不安がある場合には、病院で医師の指導を受けるのが合理的です。